プロポリス品質ランキング

メインイメージ

授乳中にプロポリスを摂取しても大丈夫?

最近注目を浴びているプロポリスについてはみなさんご存知でしょうか。
プロポリスについては、意外と名前は知っているけれども成分まではわからないといった方が多いのではないでしょうか。
体に良いといったことで摂取している方もいらっしゃるでしょう。

まず、プロポリスはミツバチが植物の新芽やつぼみなどにある樹皮から取られた物質にミツバチが作った物質を混ぜ合わせた樹皮状の物質のことをいいます。
よって、ミツバチの天然成分ということでまた、副作用も少ないといわれています。
しかし、ミツバチ成分ではありますのでハチミツアレルギーの場合は注意が必要となり、まずは摂取する前に医師に相談してみましょう。
健康ブームともいわれている近年において、プロポリスは天然の抗生物質とも呼ばれていて、抗菌作用や殺菌作用、抗炎症作用や抗酸化作用といったことに非常効果があります。

また、プロポリスは摂取方法してはサプリメントが多くなっています。
液タイプやスプレータイプなどもありますから、その中からより自分に合った摂取方法を見つけだしましょう。
また、プロポリスは様々なメーカーによって摂取量も変わってきます。
それぞれの記載を目安として摂取しましょう。
なので、健康食品ではありますが、妊娠中の女性の方にはあまりお勧めはできません。
妊娠中はホルモンバランスが崩れますのでどんな症状がおこるかわかりませんのでなるべく避けるようにしましょう。

また、授乳中にも同様のことがいえます。
子供にとっての栄養は母乳が全てになります。
授乳中においては臨床データがないため、安全は確認されていませんのでなるべくならば避けた方がよいかと思います。
母体の回復には非常によく、母乳を飲んでいる子供には影響がないといっているものもありますので、自分がどうしたいのかをしっかりと考えてみましょう。
また、花粉症がひどくてどうしても摂取したいという場合には医師に相談しましょう。